FC2ブログ

YouTubeにおけるラウドネスノーマライゼーションについての備忘録

新型コロナウイルスの影響で現場が中止になったりして時間が出来たので、YouTubeにおけるラウドネスノーマライゼーションの挙動をチェックしてみました。自分の中だけで知識として蓄積してもよかったのですが、せっかくなので備忘録を兼ねてブログに書いてみようと思います。

さて、現状YouTubeは誰でも動画をアップロードできます。全くデジタル音声の知識のない素人から、プロの音楽制作者まで、PCはもちろん、スマホでも気軽に動画を公開できます。当然、個々の技術の有無によって、動画ごとに大きな音量差が生まれることになります。そうなると、動画ページを開くたびに爆音になったり、音が小さすぎて聞こえない、ということが生じ、ユーザー側でその都度ボリューム調整をするのは非常に面倒です。

YouTubeにおけるラウドネスノーマライゼーションは、そういった音量差を均一化し、ユーザー側に負担となる動画ごとのボリューム調整をしなくてもいいようにつけられた機能です。実際の動きとしては、基準を超える音量の動画の音声を、超えた分だけ下げる、という挙動をする模様です。基準より小さい音量の動画の音声はそのままですので、例えば、とても小さな自然音だけがずっと流れている動画などはそのまま静かな世界を届けられるというわけです。

さて、今回はYouTube側で自動的に調整が入る中で、どのように音声を調整してアップロードするのが最適なのか、ということを考えたいと思います。

まず、ラウドネスとは何なのか?ということですが、これは等ラウドネス曲線などで表されるように、人の耳は敏感な周波数と鈍感な周波数があります。電気的には同じレベルの信号であっても、空気振動となって人の耳に届けば、敏感な周波数では大きく聞こえ、鈍感な周波数では小さく聞こえる。それを考慮に入れて、実際に人が感じるであろう音量感を数値化したもの、と捉えていただいて構いません。勿論聞こえ方に個人差はありますが。

これはLUFS(もしくはLKFS)という単位で表され、Loudness Units relative to Full Scale(もしくはLoudness, K-weighted, relative to full scale)の省略形で、どちらも同じものと考えていただいてOKです。

今の地上デジタル放送も同じ規格に基づいて音量調整がされており、-24LUFS(±1LUFS)を基準に番組、CMが作られています。とはいえ、音の表現として音の大小は不可欠なものなので、短い時間ではなく、コンテンツ全体で計算して、この基準に合わせるように音量調整がなされます。基準から逸脱する制作物は、NGを食らい、やり直しとなったりします。
生放送でも同様で、リアルタイムにこの基準内に収まるように、ミキサーが調整しています。ちなみに私も生放送のバラエティ番組のミキサーをやっています。レコーディングだけが音の仕事ではないのです。
なお、TVで±1LUFSが許されているのは、この生放送に対応するためです。番組終盤で突然盛り上がったりすると、必ずしも-24LUFSぴったりをキープ出来るわけがありませんので、そのマージンとして設けられています。

さて、テレビの話は置いておいて、YouTubeに戻りましょう。

まず、YouTubeにおいて、どういった特性でラウドネスを検知しているのかを知る必要があります。ラウドネスは規格ですので、勝手に計測方法を変えていいものではないはずですが、独自のプログラムを運用している可能性はあります。

というわけで、まずは複数の周波数の正弦波で-5LUFSのファイルを作り、YouTubeに上げて、ラウドネスノーマライゼーション(長いので、以下LNと記載します)の挙動を見てみました。

◇50Hz:100%/35% (content loudness 9.1dB)
◇100Hz:100%/35% (content loudness 9.1dB)
◇250Hz:100%/35% (content loudness 9.1dB)
◇500Hz:100%/35% (content loudness 9.1dB)
◇1kHz:100%/35% (content loudness 9.1dB)
◇2kHz:100%/35% (content loudness 9.1dB)
◇4kHz:100%/35% (content loudness 9.1dB)
◇8kHz:100%/35% (content loudness 9.1dB)
◇16kHz:100%/35% (content loudness 9.1dB)
◇20kHz:100%/41% (content loudness 7.8dB)

ここでLNによるラウドネスの変化は20kHz以外は同じ値であることが分かります。つまり超高域に入るまでは、一般的なラウドネス計算と同じ周波数特性をもっていると考えられます。

ですので、20kHz付近で同じ正弦波を作り、挙動をチェックしたところ、
◇19kHz:100%/36% (content loudness 8.8dB)
◇20kHz:100%/41% (content loudness 7.8dB)
◇21kHz:100%/57% (content loudness 4.9dB)
となり、19kHz付近から落ちはじめ、21kHzでさらにグッと下がっています。

これは超高域に行くと、LNの影響が少なくなることを示しています。つまりデジタルメーター上の振りも大きくなるはずですが、実際には21kHzになると、メーターはほぼ触れず、音も出力されませんでした。ブラウザ上の問題なのか、YouTube側の再生エンジンの仕様なのか不明ですが、とりあえず実際には音として出てきません。Google ChromeとFirefoxで検証したところ値は一緒なので、ブラウザというよりは、YouTube側の問題のような気もしますが。

各周波数ごとのYouTubeアップ前とアップ後のデジタルピーク値は以下の通りです。
◇50Hz:-0.3dBFS → -9.3dBFS
◇100Hz:-3.1dBFS → -12.2dBFS
◇250Hz:-4.1dBFS → -13.1dBFS
◇500Hz:-4.2dBFS → -13.3dBFS
◇1kHz:-4.7dBFS → -14dBFS
◇2kHz:-7.1dBFS → -16.3dBFS
◇4kHz:-7.3dBFS → -17.2dBFS
◇8kHz:-8.2dBFS → -18.5dBFS
◇16kHz:-9.1dBFS → -16.8dBFS
◇20kHz:-7.5dBFS → -20dBFS

ラウドネス値は単位はLUFSですが、増減の数値はdBFSと変わりません。つまり、1LUFS下げたければ、そのまま1dB下げればよいはずなのです。しかし、この結果は2kHz以下は概ね0.1dB程度の誤差の範囲と思われる差ですが、4kHzと8kHzはLNによって下げられたと表示される9.1dBよりも1dBほど出力が下がっていることを意味しています。そして逆に16kHzでは9.1dBよりも1dBほど出力が上がっています。これは周波数によってEQでもされているのか?と思わされる何とも不思議な結果でした。

しかし、ピンクノイズも同じようにYouTubeにアップしてみたところ、この画像のような結果になりました。

YouTube比較スペアナ

白がアップ前の元ファイル、赤がYouTubeです。
4kHzも8kHzも16kHzも特性的にはほぼ一緒。YouTubeの方は17kHzあたりでスパッと上は切れていました。強烈なLPFでカットしているのでしょう。
また、正弦波のみでチェックした時は、19kHzも20kHzもスピーカーから音が出ています。

正弦波と全周波数帯域に渡る信号では挙動が異なる模様です。しかし、正弦波のみで動画を上げるということは普通はしませんし、20kHzなんて超高次倍音領域です。YouTube用だからといって、気にする必要はないように思います。バランスよくミックス、調整すればよいでしょう。

問題はそれよりもLNの影響の方です。

ピンクノイズを使い、5分間の中でランダムに音量が上下するようにしたところ、このような結果になりました。
◇-9LUFS 100%/58% (content loudness 4.7dB)
◇-12LUFS 100%/82% (content loudness 1.7dB)
◇-15LUFS 100%/100% (content loudness -1.3dB)

全て-13.7LUFSになるように、LNがかかっていますね。

次に、知らない方もいると思いますが、ブラウンノイズというものを使って、音色やダイナミクスを調整した場合にどうなるか調べました。同じようにランダムに音量が上下するようにしています。
◇-19LUFS 100%/100% (content loudness -5dB)
◇-19LUFS EQで中域と高域をブースト 100%/100% (content loudness -5dB)
◇-15LUFS コンプで圧縮して音圧UP 100%/100% (content loudness -0.9dB)

ブラウンノイズはピンクノイズと比べると、低域にエネルギーが寄っていますので、元々ラウドネス値が上がりづらいです。19LUFSと低い値になった2つのファイルは、EQをかけても同じ値を示しました。基準まではあと5dB足らないよ、と言われています。ただ、これ以上上げるとデジタルクリップを起こすので却下しました。そこでコンプで無理やりレベルを上げてみると、あと0.9dB足らないよ、と言われました。

どうやら-14〜14.1LUFSが基準のようですね。
先ほどのピンクノイズとは異なる結果になりました。

では、音楽ファイルではどうなるのか。
先日レコーディングからミックス、マスタリングまで全て担当した楽曲で試してみます。マスタリングでかなり音圧を出しましたので、マスタリング後と、配信も考慮に入れたレベルでミックスした音源と比較してみます。

◇Tr1マスタリング前-14LUFS 100%/100% (content loudness 0.0dB)
◇Tr1マスタリング後-5.9LUFS 100%/39% (content loudness 8.1dB)
◇Tr2マスタリング前-15LUFS 100%/100% (content loudness -0.9dB)
◇Tr2マスタリング後-8.3LUFS 100%/52% (content loudness 5.7dB)

どれも-14LUFS前後を基準としてLNが行われた模様です。

そして、先ほど示したように、各周波数の正弦波を試した時も、-14.1LUFSになるようにLNがかかっていました。

これらの事例で分かることは、正弦波で一部実際のピークレベルに違いが出たことは気になりますが、おそらくYouTubeのラウドネスノーマライゼーションは-14LUFSを基準にして、アップロードされたファイルの音量を調整しているということです。この値を基準にしてミックス、編集し、動画をアップロードすれば、ダイナミクスを生かした音を聴かせることが出来るということのようです。

ちなみにラウドネス値の算出は-70LUFSを絶対閾値として、それ以下の音量の時を無視します。つまりコンテンツの大半が無音で、一瞬だけ爆音の音源などは、ラウドネス値に反映されるのが爆音の部分だけとなるため、意外とラウドネス値が高くなり、LNで-14LUFS程度になるように下げられます。これも実験済みです。

また、-70LUFSまでいかなくても、大きいところは-5LUFS、小さいところは-40LUFSなんかの音源も小さいところを無視されて計算されるので、それほどラウドネス値は下がりません。無理やり大きい音を聴かせることは出来ないということですね。

過剰な爆音は耳にも悪いですし、音の大小が大きすぎるコンテンツは何より聞きづらいです。CMになった途端に音が大きくなると鬱陶しいですよね?それと同じことが言えます。視聴時の音量は配信側ではなくユーザー側が決めるものです。無理に大きい音にするのではなく、聴きやすい音量で楽しいコンテンツを制作していきましょう。
スポンサーサイト



一般的な音楽の再生環境とは

先日、Twitterで1週間アンケートをとりました。
内容は『音楽ユーザーの自宅での再生環境』についてです。

アンケート内容は以下の通りです。

Q. 家の中で音楽を聴く時にどうやって音楽を聴いていますか?

1. CDコンポ・モニタースピーカー等のスピーカー
2. 1万円くらいまでのPC用外付けスピーカー・ラジカセ
3. PCやスマホの内蔵スピーカー
4. ヘッドホン・イヤホン

目的としては、
「一般の音楽ユーザーがどれくらい音質に対してこだわろうとしている人がいるのだろうか?」
「家で音を出して聴ける人がどれくらいいるのだろうか?」

この2点の傾向を分析したいと考えて、アンケートを実施しました。

結果としてはこの画像の通りです。

アンケート結果

私のTwitterのフォロワーですから、当然同業者や作編曲やバンド、シンガーをやっている人が多いので、統計をとるにあたってサンプリングバイアスがかかることは承知の上です。それを考慮に入れると、CDコンポ・モニタースピーカー等のスピーカーが32.1%もいたことは、ある意味納得の結果でした。多分、街頭アンケートを実施すると、もっとCDコンポ・モニタースピーカー等のスピーカーの割合は下がることでしょう。多くて20%程度じゃないかな〜と思われます。

次に2と3ですが、便宜上分けていますが、これらは音質にはこだわっていないという点でほぼ一括りです。
1万円くらいまでのPC用外付けスピーカー・ラジカセが8.9%と10%にも満たなかったことから見ても、内蔵スピーカーと大差ない。お金をかけて買うほどのものではない、と思っている方が多いのではないかと思います。内蔵スピーカーを選択した人は、つまり元から付いているものでいいや、出音にお金をかけるものではないと思っているのでしょう。

BGM的に流して、ながら聞きをするんだったら、それくらいでも気にならないのかもしれませんね。

4のヘッドホン・イヤホンを選択した人が37.5%という点は、少々驚きました。日本の住宅事情を考えると、近隣から苦情が来ないようあまり音は出せないだとか、同居している家族が怒るからというのが、ヘッドホンやイヤホンを使う主な理由だと思います。
勿論、良い音を楽しめるスピーカーよりもヘッドホンの方がコスパが良い、というのはあるかもしれません。コンポは音を楽しめるモデルとなると5万円以上はしますが、ヘッドホンだったら1〜2万円でそれなりの音質のものがあるように思います。

ただ、いずれにしても、4割近い人がヘッドホンやイヤホンを利用しているということで、それほどまでか〜というのが率直な感想です。スピーカーにお金をかけない人が3割もいたことを踏まえて、ヘッドホン・イヤホンやPC付属スピーカーでのチェックの時間をしっかりとって、これらの環境に負けない音作りをせねば、と思う次第です。

最もそういったチェックはこれまでも行ってきたことではありますが、より強化していくべきと考えさせられました。

過去を振り返って

本日思い出の品が旅立っていきましたので、ちょっと懐かしい話を書きたいと思います。

私がACCEL STUDIOを作り、フリーのサウンドエンジニアとして仕事を始めてから、11年が経過しました。まだ11年というべきか、もう11年というべきか、ともあれその11年前に丁度購入した機材が旅立っていったわけです。

当時、私は25歳。
前年の夏頃に、それまで5年勤めた制作会社を辞めることを決意したものの、退職後に何をするかは実ははっきりと決めていませんでした。周囲の専門学校時代の仲間がフリーになったり、自分が経験したかったけど経験できなかった現場の経験を積み重ねていたり、同年代のエンジニアが自分よりはるかに先を行っていたりで、とにかく現状を変えなくちゃいけない!!!

と焦った結果、私は会社のスタジオで社長、副社長に向かって、退職の意を伝えていました。

その1年半前にも先輩のチーフエンジニアに立ち飲み屋で「このままではもう辞めます。」と話しており、その後、その先輩はそれまで経験できなかった色んな現場に連れていってくれ、私が会社に残って自分を磨いていく道を作ろうとしてくれていました。
(この先輩は今でも私に仕事を振ってくれます。本当に絶対に足を向けて寝られない尊敬する先輩です)

私自身も通常の会社の業務以外に、自分でも仕事をとってレコ−ディングをこなすようになり、少しずつ変わっていってはいたのですが、自分よりもどんどん先に行く人たちを見て、今のままでは無理だ、、、と思ってしまったのですね。

と同時に、環境さえ変えれば、自分だってやれる!もっと上に行ける!!と思っていたわけです。
だから、後のことは考えず、計画も立てず、とりあえず言ってしまいました。

「辞めます」と。

その言葉の本当の重みも知らないままに。

それから3ヶ月後、年末まで働いて私は会社を辞めました。
3ヶ月は引き継ぎの期間。私がやっていた業務を後輩が一人でも出来るように教え、PCのデータ、紙書類関係もわかるように整頓し、作業内容も猿でも分かるマニュアルまで作って、文句の出ようのない形で会社から離れました。

実際、その後これが分からなくて、といった連絡はもらっていません。

しかし、会社を辞める頃になっても、私は何をするのか決めていませんでした。音に関わっていこうとは思っていましたが、どこか別の会社に入るのか、フリーでやるのか、そもそもスタジオワークなのか、PAなのか、放送なのか、全部が曖昧でした。それでも、会社を辞めた直後は、何となく自分はやれる!と謎のハイテンションになっていたので、不安感はなかったです。今から思えば、現実逃避していたのだろうと思います。

結局、年が明けて1週間ほど経ってから、フリーでやってやる!という結論に至りました。とはいえ、当時の所持金は150万円程度。これを元手に何をするのかを考えました。

スタジオを作れるほどのお金ではない。かといって、当時は今と違ってPAのノウハウがほとんどなかったため、安いPA機材と中古車を買って、PA屋をやるのはリスクが高い。ていうか、ちゃんとPAの会社に入って場数踏まないと多分無理。。。

となり、それまで会社のスタジオを使ってやっていたミックス作業を個人でやってやろう!となりました。

私がいた会社では音楽コンテストもやっており、尋常じゃないほどのアマチュアバンド音源を聴いていましたが、ミックスが甘いというか仕上げが雑で、もっと時間をかけて丁寧に作れば、絶対にもっと良い作品になる、と思うものが多いと感じていて、そこに需要があると思ったわけです。まあ、ProTools M-Powered7.4とFW1814というI/O、WAVESのGold Bundle、GENELEC 8020A、YAMAHA 01V96なんかを会社にいた頃に個人で買っていたので、それが一番コストがかからなかったというのが大きく、現実的に業務にできそうなのはそこしかありませんでした。

持ち運んで簡単なボーカル録りは出来た方がよいと思ったので、比較的高性能なMacBook Proを買い足し、ミックスを本格的にやるならGold Bunldeでは不足なので、、、と、Diamond Bundleにアップグレードしました。コンデンサーマイクもボーカル録るなら、これくらいは、、、と、AKG C414B-XLIIとAUDIO TECHNICA AT4050/CM5を揃えました。部屋のプライベートスタジオ化は会社にいた頃からやっていましたし、ホームページもフライヤーも簡単なものはAdobeで自分で作れたので、準備を着々と進めました。しかし、当然ホームページを作ってすぐに、フライヤーを撒いてすぐに依頼は入りません。機材の購入と、2ヶ月の生活費で、預金はどんどん減っていき、環境を変えれば、自分はもっとやれる!!というのが、何の根拠もない自信だったことに気づき、内心焦り後悔し始めた頃に、、、

ミックスではなく、バンド録音の依頼が入りました。

マイクもケーブルもスタンドもI/OのINPUTも全部足りません。MacとWAVESでお金をある程度使ってしまったので(当時WAVESはまだ高かったです)、新規に機材を買い足すには予算が限られます。でも、この依頼を引き受けることで、もっと道が開ける!というか、ここで逃げたら終わり!!何とかしなくては!!!

となけなしのお金で買ったのが、今回旅立っていったオーディオインターフェースです。

これを機に出張録音も業務に加え、この局面をどうにかこうにか乗り切ったことで、他の仕事も入り始め、苦しいながらも生活できるようになっていき、その後紆余曲折を経て今に至る、というわけです。

今回手放した機材で、本当に色んな人の音源を作ってきました。
メジャーにいったアーティストもいますし、著名なボカロPになった人もいます。

自分の苦しかった時代を支えてくれ、フリーのサウンドエンジニアとして最初の一歩を踏み出す時に背中を押してくれました。新しいオーナーの元でまだまだ活躍してくれることを願っています。

ヘッドホン選びと音作りの移り変わり2

前回の記事で新しいヘッドホンを導入、選定することになった経緯を書きましたが、今回はその中でどのようにして選んでいったかをお話ししたいと思います。

まず、前提として、これまでスタジオに標準的に置いてあることもあって、共通言語としてSONY MDR900STを使用してきました。
YAXIのイヤーパッドに交換したり、サウンドキャラクターを大幅に変えない範囲でアレンジはしていますが、学生時代から同じモデルを使っていますので、すっかり慣れたもので、その課題となるポイントもずっと把握して使い続けてきました。

よって、新しいヘッドホンではその課題の部分を克服できることを重視して選ぶことになります。
その観点で、まず今年のサウンドフェスタにてモニターヘッドホンの聴き比べをしてきました。
2日間参加した内の1日の半分くらいはそのために費やしたように思います。

何十個も試聴しましたが、その中で候補として残ったのは、ほんのごく一部だけでした。
具体的な製品として書き出すと、、、

・Focal Professional Clear Professional
・NEUMANN NDH20
・SHURE SRH1840
・SHURE SRH1540
・AUDIO TECHNICA ATH-M50x

この5機種でした。

これに後日、ヨドバシ梅田のオーディオコーナーでも多数試聴した結果、
・SENNHEISER HD650
・SENNHEISER HD800 S
の2機種も候補に加えて、絞り込んでいきました。

Focal Professional Clear Professionalは20万円もする高級機だけあって、流石のサウンドでした。
SENNHEISER HD800 Sも同様お高いだけあって、音のクオリティは高いです。

ですが、これらはいずれも開放型のヘッドホンです。
音は問題ありませんが、音漏れが問題になるシーンでは使用できません。
20万円出して、使えない状況がよくあるのではちょっとなぁ〜・・・ということで最初に却下になりました。

次に候補の中で一番リーズナブルなモデル、
AUDIO TECHNICA ATH-M50xは音のバランス的には全然仕事で使えると思います。
これまで使用していたMDR-CD900STと比べると、ミックス作業なども行いやすそうでしたが、他の機種と比べると、やはり値段の差なのか解像度が劣る印象で、今回新しく買うモデルとしては選ぶことはないな、と却下になりました。
ただ、ある程度の数を買わなくてはならない、ミュージシャン側のモニター用としては有力候補だと思っています。

これで残るは
・NEUMANN NDH20
・SHURE SRH1840
・SHURE SRH1540
・SENNHEISER HD650
の4機種ですが、正直サウンドの好みから言えば、SHURE SRH1840かSENNHEISER HD650が好みでした。
音のバランス、明瞭度、ヘッドホンの付け心地、全部甲乙つけがたい素晴らしいものだと思います。
上述した候補から外す大きな要因である開放型である点がネックにならなければ、この2機種のどちらかを買っていたかもしれません。(今後お金に余裕ができたら、やっぱり欲しいよな〜と今でも思っています)
しかし、やはり密閉型である点を優先して、NEUMANN NDH20かSHURE SRH1540のどちらかにしようということになりました。

そして、ここで唐突に発表されたのがSONY MDR-M1STでした。
ぶっちゃけこれには期待大で、ヘッドホンを購入するのを一旦保留にしたほどです。
2ヶ月待って、店頭に展示機がやってきたところで、上記の2機種と合わせて試聴し、最終判断しようとなりました。

しかし、正直MDR-M1STは期待外れと言わざるを得ませんでした。
確かにハイレゾを謳うだけあり、高域の解像度、空間の表現力など素晴らしいのですが、中域から中高域のあたりに独特の癖が感じられるのです。ラジカセでさえ再生能力が高い周波数帯にこういった癖があると、音作りが非常に難しくなります。ちょっと僕の仕事では使いづらいということで却下になりました。

最後はNEUMANN NDH20とSHURE SRH1540の間を行ったり来たり。1時間近くそうしていたでしょうか?
割と空いている時間帯を選んで行きましたが、店員さんからはなんだこいつ???と思われたかもしれません(笑)

結局、開放型のSRH1840にはない低音の癖が、SRH1540には存在したこと。
お金に余裕が出来たら、今回とは別にSRH1840を買いたいと思ったことから、最終的にNEUMANN NDH20の導入に至りました。
今年の5月に導入したモニタースピーカーNEUMANN KH310Aに音の傾向が似ていることも選択を後押ししました。

こうしてうちにやってきたNEUMANN NDH20。
既にちょこちょこ仕事で使っていっています。
これから10年、20年と一緒に戦っていける相棒になってくれると嬉しいと思う反面、また数年後にはさらに上のヘッドホンが出たりしないかな〜と、音響機器の発達を楽しみにしています。

なお、今回ヘッドホンを多数聴いていて思ったのが、別に新しいから、高いからってだけで、モニター用としてもリスニング用として良い音がするわけではないのだな、ということでした。SENNHEISER HD650なんかが顕著で、後継機よりもこっちの方が良いなというのが正直なところ。AUDIO TECHNICA ATH-M50xも同社の上位機種よりバランスが良く使いやすそうでした。

やはり信じるべきは価格でも新しさでもなく、自分自身の耳と感性なのだなと思います。

ヘッドホン選びと音作りの移り変わり

先日NEUMANNのモニターヘッドホンNDH20を導入した記事を書きましたが、今回はそのヘッドホンを選ぶに至った経緯について少々書いてみたいと思います。

音楽には時代によって流行がありますが、当然それに伴って楽器の音作り、バランスも変わってきます。
数年前に盛り上がっていたEDMなどに代表されるように、最近はかなりの低音まで音のレンジが広がってきたように感じていました。
これはYouTubeなどでラウドネスノーマライゼーションが導入されたり、過剰な音圧を求める方向から、音のダイナミクスを損なわない音楽が本来あるべき形に戻ろうとする動きとは無関係ではないと思います。

人間の聴覚特性上、低音は中域、中高域の音と比べ、同じ音量感を得るためには、より大きな音を出さないとなりません。
等ラウドネス曲線というものが有名かと思いますが、こうしてグラフで見ると一目瞭然ですね。
3〜4kHzの最も聞き取りやすい周波数と比べると、100Hz以下の低音は遥かに大きなエネルギーが必要なわけです。

等ラウドネス曲線


デジタルレコーディングには当然レベルの上限がありますし、マキシマイズによって音圧を稼ぐ際に低音はリソースを多く消費するわけです。
しかし、YouTubeや定額音楽配信サービスなどがラウドネスノーマライゼーションを導入し、低音を削ってパッと聴きの音圧を稼いだところで、どうせ音量を下げられてしまうため、音楽が本来持つ周波数、ダイナミクスのレンジをもっと広く使おうという動きが生まれてきたのでしょう。

以前までと比べ、低音がガッツリ入った音源が増えてきましたし、こうなってくると今まで使用していたSONY MDR-CD900STでは、もう正しいモニタリングは出来ないな、というのが私の判断でした。
低音が鳴ってないわけではないですが、判断に迷うことが多く、勘に頼りながら作業している面もあったわけです。
そこで、もっと広いレンジでしっかり聴けるヘッドホンを!!ということで、新しくヘッドホン選びをすることになったわけです。

ここからはその中で色々聴いたヘッドホンの個々の印象について紹介し、どうして最終的にNDH20を選択したのかを書いていきたいと思いますが、少々長くなりそうなので、次回の記事に回そうと思います。
プロフィール

アクセルスタジオ ikenaga

Author:アクセルスタジオ ikenaga
レコーディング・マスタリングエンジニア ikenaga です。
関西を中心に、レコーディング/ミキシング/マスタリング/MA/音声編集・ノイズ除去などの録音業務と、
ジングル・サウンドロゴ・効果音制作などの制作業務を行なっています。

ご依頼・お問い合わせ・お見積もりのご依頼は、
↓のホームページからよろしくお願い致します。

https://accel-studio.com/

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR