FC2ブログ

新作&新機材と大阪の激安レコーディングスタジオ

こんばんは。ikenagaです。
最近は大阪を中心として、レコーディングエンジニア・ミキシングエンジニアとしてのお仕事が多いですね。

その中から少しお知らせすると、
Canteの新しいCD「ただいま、君待ち中」に収録されている、
3曲のレコーディングと4曲のミキシングを担当させていただきました。
磯貝サイモンさんをアレンジャーに迎えての、とびきりグッドな仕上がりになっていますよ。
8/12の心斎橋JANUSでのワンマンライブから発売スタートのようです。
ぜひ、たくさんの方に聴いていただきたいですね。

そして、もう一つニュースがあります。
また、新しい機材を導入致しました。

SSL XLogic SuperAnalogue Channel

スタジオのミキサーと言えばSSLです。大規模なレコーディングスタジオでは、
かなりの割合でSSLのミキサーが稼働しています。

その中でも、最新(といっても、2002年発表)のフラッグシップモデル、
XL-9000Kの1ch分を丸ごと抜き出して作られたチャンネルストリップですね。
厳密な意味で、チャンネルを抜き出してラッキングしているわけではないのですが、回路的にはほぼ同等のようです。
2~3年前に生産終了になったモデルで、販売時の定価は50万円という、
たった1台で、ある程度のDTM環境を構築してお釣りがくるレベルの価格。
完全プロ仕様のレコーディング機材と言えるでしょう。

私がフリーランスになった時にはすでに生産終了で、ずっと探していたのですが、
今回は某音楽制作会社様から譲っていただくことが出来ました。
明日には到着予定ですので、到着次第早速試してみたいと思っています。

う~ん。楽しみです。

ビンテージNEVEなどのサウンドもいいですが、こうした現代的な機材も大好きですね。
なお、先月購入したDrawmer 1960(Silver Panel)は提携先のレコーディングスタジオに常設しました。
私がミキシングとマスタリングを行う際の、作業スタイルではプライベートスタジオにあるより、
レコーディング時にフル活用するためにレコーディングスタジオにあった方がいいですからね。

これで、レコーディングスタジオに常設しているマイクプリ/チャンネルストリップは、
AVALON DESIGN VT737SP
Drawmer 1960(Silver Panel)
TL Audio 2051
dbx 376
ですが、そこにSSL XLogic SuperAnalogue Channelが加わることになります。

マイクもNeumann U87Aiを始め、スタジオ定番機を揃えて、
グッドサウンド、グッドミュージックを作っていきますので、
ぜひ、大阪、関西でレコーディングをお考えの際は、レコーディングエンジニアikenagaへ、
ご依頼・ご相談下されば、幸いです。

ご連絡はこちらのホームページからお願い致します。
スポンサーサイト



コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

アクセルスタジオ ikenaga

Author:アクセルスタジオ ikenaga
レコーディング・マスタリングエンジニア ikenaga です。
関西を中心に、レコーディング/ミキシング/マスタリング/MA/音声編集・ノイズ除去などの録音業務と、
ジングル・サウンドロゴ・効果音制作などの制作業務を行なっています。

ご依頼・お問い合わせ・お見積もりのご依頼は、
↓のホームページからよろしくお願い致します。

https://accel-studio.com/

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR