レコーディング予約について

今日のお話はレコーディングの予約についての注意点。
うち以外に依頼する場合でも、大体同じことが言えますので、参考にして下さい。

さて、レコーディングを行う場合、
「どこで」「誰に」「いつ」録音してもらうか、ということを考えなくてはなりません。

「どこで」「誰に」はどんな音源を作りたいのかということを考えて、
どんなスタジオや機材を使うのかと、自分の作品にあったエンジニア選びをする必要があります。
音楽性のフィーリングが合うだとか、この機材を使いたいからだとか、
ストリングスを生録りするから広くて響きのいい部屋があるスタジオを使うだとか、
まあ、そういったことです。

基本的には信頼出来るエンジニアを選んで、
その人を交えて制作したい音源の方向性について打ち合わせ、
それに必要な環境を選んでいくというのがよいでしょう。
とはいえ、大阪ではエンジニアに依頼するというよりはスタジオに依頼する風習が強いので、
どうやってレコーディングエンジニアを探すの?ってなるかもしれませんが。

交流のある周囲のインディーズアーティストのCDの中から方向性が合いそうなものを選んで、
クレジットされているエンジニア、スタジオを探すもよし、あるいは直接本人に聞いてみてもよし。
ここで音源のクオリティが左右されますので、めんどくさいわーっと妥協せずに、
しっかりと吟味、検討するようにしてみて下さい。


「いつ」なのかは、自主制作の楽曲なら音源のリリースタイミング、
オーディションなどに送るデモ音源やボイスサンプルなら提出締切など、
それらによっていつ頃までに収録した方がよいのかが決まってきます。

インディーズアーティストの自主制作音源であれば、
レコーディング後のミックス、マスタリング、CDプレスなどのスケジュールを考慮して、
音源リリースの2ヶ月前くらいまでには、レコーディングが終えられるように。
ギリギリで進める方法もありますが、ギリギリでやってしまうと、
納得出来てなくても、納期に間に合わせるためにOKを出さなくてはならなくなったり、
作品のクオリティに影響が出てしまうことが多いです。
その際にリリース日を延期できるなら、それでもよいですが、
レコ発イベントなどを組んでいた場合は厳しくなると思います。

たまにですが、プレス工場から納品されてきた完成盤に不備があって、
再プレスが必要になるケースも聞きます。
プレス前に行うエラーチェックなどで不備が見つかり、
プレス工場から突き返されてくるマスターもあります。
私もそういったケースでプレス屋さんから相談されて、他のスタジオのミスの尻拭いをする形で、
リリースに間に合うようにマスターを作り直してあげたこともあります。
できるだけ余裕は見ておいた方がよいでしょう。

オーディションに提出するようなデモ音源や、ボイスサンプルであれば、
まあ割とギリギリでもどうにかなりますが、そういう時期は混み合いますので、
少し早めに余裕を持って制作した方がよいでしょう。
万が一、レコーディング予約日に体調を崩したりしても再録日を設けられるよう、
締切の2週間程度前までにというのが安全かなと思います。

そして、スタジオやエンジニアに依頼、予約を入れるタイミングですが、
遅くてもその予約日の2週間前には連絡した方がいいでしょう。
本当は1〜2ヶ月前に連絡出来れば、希望のブッキングが出来やすいですが、
売れっ子のエンジニア、人気のスタジオは半年先まで空きがないこともあります。

私の場合、別に売れっ子というわけではないので、
半年先まで空きがないとかはありませんが、それでも1年先に入っている予約自体はあります。
長期間にまたがる案件であれば、1年前もってスケジュールを押さえることも珍しくはありません。
また、時期によって混み合うタイミングというのもあります。

当然近い日程になればなるほど、他の案件で予約が入っているケースが増えていきます。
ギリギリになってしまった場合も、連絡せずに諦める必要はありませんし、
ダメ元でも連絡をとるべきだと思いますが、なるべく前もってスケジュールを組むようにしましょう。

せっかくレコーディングをするのですから、出来るだけ良いものを作れるよう、
前もってスケジュールを立て、余裕を持って制作に臨んで下さい。

あなたからのご依頼、お待ちしております。
お問い合わせはこちらのWEBページからお願いします。
http://accel-studio.com
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

アクセルスタジオ ikenaga

Author:アクセルスタジオ ikenaga
レコーディング・マスタリングエンジニア ikenaga です。
関西を中心に、レコーディング/ミキシング/マスタリング/MA/音声編集・ノイズ除去などの録音業務と、
ジングル・サウンドロゴ・効果音制作などの制作業務を行なっています。

ご依頼・お問い合わせ・お見積もりのご依頼は、
↓のホームページからよろしくお願い致します。

http://accel-studio.com/

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR