FC2ブログ

VINTECH AUDIO 273導入

4月も中旬を迎え、新生活を迎えた方から色々なお話を聞くようになりました。

大学を卒業して就職した方。
音楽の道一本に絞り、就職せず音楽活動に専念する方。
声優を目指して東京に移住した方。

道は人それぞれですが、新生活に入り1週間程が経ち、
それぞれの立場で皆さん思うところはある模様。
社会は厳しいですね。特に夢を追いかけるような生き方は大変です。
ただ、一度しかない自分だけの人生ですので、後悔だけはしないよう、
全力でチャレンジして下さいませ。

さて、そんな中私も新しく機材を導入しました。

VINTECH AUDIO model 273

今さら物珍しくも何ともない、もう定番機と言ってよいでしょう。
NEVEの1073のHAとシェルビングEQをコピーした製品として、非常にメジャーな機材です。
EQは2バンドしかない上に、周波数ポイントもHIGHとLOWともに2ポイントずつと限られますが、
レコーディング時には有ると嬉しい使いどころのよいポイントを押さえています。

ただ、正直それほどOLD NEVEに似ている、という印象はありません。
実際ヴィンテージの1272(1073とほぼ同じマイクプリ)を所有していますが、
本家の方がファットで中低域から中域にかけて濃密な質感を持っています。

VINTECH 273の方が中高域の張り出しが強く、やや腰高な音に感じます。
とても元気のよい勢いのあるサウンドなので、ドラムやギターに重宝しますし、
主に出張でのレコーディング時に使っていこうと考えています。
それも踏まえて今回2台同時に導入です。
4ch分あるので、スネアやタムなんかの皮物に使おうかな、と。

そういう意味での不満点としては、パワーサプライまで含めると結構重いこと。
持ち出し時は出来るだけコンパクトで軽い方が嬉しいですからね。

出張録音用に近々マイクも数本買い足そうかと考えていますが、
ここは出来るだけ嵩張らず重くないものを選ぼうかと思います。
とはいえ、音質優先なので、どうなることやら。。。
あと、あまりスタジオに置いてない新しいものを選びたいですね。
手慣れた機材はとても安心感がありますが、
新しい機材で新しい音を作っていくのはとても楽しいものです。

フリーランスになって8年目の春を迎えましたが、少しずつ機材もパワーアップしてきて、
今年はまたさらに少しグレードアップしたいと思います。
大阪でレコーディングをお考えの方は、是非お声掛け下さいませ。
http://accel-studio.com/
スポンサーサイト



コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

アクセルスタジオ ikenaga

Author:アクセルスタジオ ikenaga
レコーディング・マスタリングエンジニア ikenaga です。
関西を中心に、レコーディング/ミキシング/マスタリング/MA/音声編集・ノイズ除去などの録音業務と、
ジングル・サウンドロゴ・効果音制作などの制作業務を行なっています。

ご依頼・お問い合わせ・お見積もりのご依頼は、
↓のホームページからよろしくお願い致します。

https://accel-studio.com/

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR