FC2ブログ

CDプレス時の注意点

最近立て続けにあったことなので、
CDプレス時の注意点について書きたいと思います。

まずは、納期のお話。
最近プレスマスターの制作とプレス会社の紹介を頼まれた案件で、
2件立て続けに納期のことで、トラブルと言うか読みが甘かった、
ということがありました。

大体プレス会社のHPを見ると、
納期は国内の場合12〜14日と書かれていることが多いのですが、
これは大体の場合、営業日という意味なので、土日祝が含まれません。
ですので、納期は実質3週間程度かかる、と考えておきましょう。
また、ゴールデンウィークやお盆、年末年始等、大型連休時には、
工場が操業を停止しているため、もっとかかることもあります。

今までにプレスをしたことがある方にとっては、
ごくごく当たり前のことだったりしますが、
自分で手配をしたことがない人は、よく分かっていなかったりします。

CDを作るということは必然的にリリース日を決めて、
そこに間に合うようにする必要がありますので、
プレス会社の納期を読み間違えると、最悪間に合わなくなります。

入稿後に、入稿データに問題があって、
再入稿が必要になる可能性も考慮すると、出来ればリリースの1ヶ月前に、
プレス会社にプレスマスターとデザインデータを入稿出来るように、
段取りを組んでおいた方が安全と言えるでしょう。

大事なレコ発ライブの時に、肝心のCDが出来上がってないとか、
正直洒落になりません。

実際のところ、プレス会社側も納期の表示に少し余裕を見ている所もあり、
1〜2日なら早く納品出来るケースもありますし、
工場のラインさえ空いていれば、対応してくれたりもします。
かなり急ぎの時でも別途特急料金を支払うことで、対応出来る所もあります。

とはいえ、勿論、無理な場合もあるのでアテにはしない方がいいですし、
ちゃんと段取りを組んでおけば、発生しない無駄な料金ですので、
ハッキリ言って勿体ないと思います。

先日私が遭遇した件では、結局私がプレス会社との間に入って、
事情を説明、仲介折衝する形で、割増料金が発生しない範囲で、
最短の納期と、それに応じたデータ入稿期日を出して、
そこに間に合うように手配することで、事なきを得ました。

なるべく、そんなことにならないように、
リリース日とそれに応じたプレス入稿期日、
レコーディング、ミックス、マスタリングとデザインデータの作成、
これらのスケジュールを余裕をもって組む事を推奨します。

また、プレスマスターの作成は出来れば専門の知識のある方に、
委託するのがよいでしょう。
どうも最近は普通のライティングソフトで焼いたオーディオCD-Rでも、
プレスマスターとして受け付けてくれるようですが、
懇意にしているプレス会社の方と話をすると、
ミュージシャンがスタジオやエンジニアに依頼せず、
自分で作成して持ち込んだプレスマスターでトラブルが出る事が多いようです。
(エラーがあったり、ディスクアットワンスになっていなかったり)

私もそういった事情で、ギリギリになって「何とかしてあげて」と、
プレス会社の人から話を振られるケースがちょくちょくあります。
こちらも日々スケジュールの中で動いている以上、
いきなり緊急で話を振られても対応出来ないことも多いです。
無理なく安全に仕上げるために、知識の無い方は手探りで行うのではなく、
最初から声をかけていただいた方が安全です。
勿論、私もそういった案件にも対応しています。

マスタリングをご依頼いただいた方には、
信頼出来るプレス会社の紹介も行っておりますので、
是非一度ご相談下さいませ。
スポンサーサイト



コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

アクセルスタジオ ikenaga

Author:アクセルスタジオ ikenaga
レコーディング・マスタリングエンジニア ikenaga です。
関西を中心に、レコーディング/ミキシング/マスタリング/MA/音声編集・ノイズ除去などの録音業務と、
ジングル・サウンドロゴ・効果音制作などの制作業務を行なっています。

ご依頼・お問い合わせ・お見積もりのご依頼は、
↓のホームページからよろしくお願い致します。

https://accel-studio.com/

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR