FC2ブログ

ヘッドホン選びと音作りの移り変わり2

前回の記事で新しいヘッドホンを導入、選定することになった経緯を書きましたが、今回はその中でどのようにして選んでいったかをお話ししたいと思います。

まず、前提として、これまでスタジオに標準的に置いてあることもあって、共通言語としてSONY MDR900STを使用してきました。
YAXIのイヤーパッドに交換したり、サウンドキャラクターを大幅に変えない範囲でアレンジはしていますが、学生時代から同じモデルを使っていますので、すっかり慣れたもので、その課題となるポイントもずっと把握して使い続けてきました。

よって、新しいヘッドホンではその課題の部分を克服できることを重視して選ぶことになります。
その観点で、まず今年のサウンドフェスタにてモニターヘッドホンの聴き比べをしてきました。
2日間参加した内の1日の半分くらいはそのために費やしたように思います。

何十個も試聴しましたが、その中で候補として残ったのは、ほんのごく一部だけでした。
具体的な製品として書き出すと、、、

・Focal Professional Clear Professional
・NEUMANN NDH20
・SHURE SRH1840
・SHURE SRH1540
・AUDIO TECHNICA ATH-M50x

この5機種でした。

これに後日、ヨドバシ梅田のオーディオコーナーでも多数試聴した結果、
・SENNHEISER HD650
・SENNHEISER HD800 S
の2機種も候補に加えて、絞り込んでいきました。

Focal Professional Clear Professionalは20万円もする高級機だけあって、流石のサウンドでした。
SENNHEISER HD800 Sも同様お高いだけあって、音のクオリティは高いです。

ですが、これらはいずれも開放型のヘッドホンです。
音は問題ありませんが、音漏れが問題になるシーンでは使用できません。
20万円出して、使えない状況がよくあるのではちょっとなぁ〜・・・ということで最初に却下になりました。

次に候補の中で一番リーズナブルなモデル、
AUDIO TECHNICA ATH-M50xは音のバランス的には全然仕事で使えると思います。
これまで使用していたMDR-CD900STと比べると、ミックス作業なども行いやすそうでしたが、他の機種と比べると、やはり値段の差なのか解像度が劣る印象で、今回新しく買うモデルとしては選ぶことはないな、と却下になりました。
ただ、ある程度の数を買わなくてはならない、ミュージシャン側のモニター用としては有力候補だと思っています。

これで残るは
・NEUMANN NDH20
・SHURE SRH1840
・SHURE SRH1540
・SENNHEISER HD650
の4機種ですが、正直サウンドの好みから言えば、SHURE SRH1840かSENNHEISER HD650が好みでした。
音のバランス、明瞭度、ヘッドホンの付け心地、全部甲乙つけがたい素晴らしいものだと思います。
上述した候補から外す大きな要因である開放型である点がネックにならなければ、この2機種のどちらかを買っていたかもしれません。(今後お金に余裕ができたら、やっぱり欲しいよな〜と今でも思っています)
しかし、やはり密閉型である点を優先して、NEUMANN NDH20かSHURE SRH1540のどちらかにしようということになりました。

そして、ここで唐突に発表されたのがSONY MDR-M1STでした。
ぶっちゃけこれには期待大で、ヘッドホンを購入するのを一旦保留にしたほどです。
2ヶ月待って、店頭に展示機がやってきたところで、上記の2機種と合わせて試聴し、最終判断しようとなりました。

しかし、正直MDR-M1STは期待外れと言わざるを得ませんでした。
確かにハイレゾを謳うだけあり、高域の解像度、空間の表現力など素晴らしいのですが、中域から中高域のあたりに独特の癖が感じられるのです。ラジカセでさえ再生能力が高い周波数帯にこういった癖があると、音作りが非常に難しくなります。ちょっと僕の仕事では使いづらいということで却下になりました。

最後はNEUMANN NDH20とSHURE SRH1540の間を行ったり来たり。1時間近くそうしていたでしょうか?
割と空いている時間帯を選んで行きましたが、店員さんからはなんだこいつ???と思われたかもしれません(笑)

結局、開放型のSRH1840にはない低音の癖が、SRH1540には存在したこと。
お金に余裕が出来たら、今回とは別にSRH1840を買いたいと思ったことから、最終的にNEUMANN NDH20の導入に至りました。
今年の5月に導入したモニタースピーカーNEUMANN KH310Aに音の傾向が似ていることも選択を後押ししました。

こうしてうちにやってきたNEUMANN NDH20。
既にちょこちょこ仕事で使っていっています。
これから10年、20年と一緒に戦っていける相棒になってくれると嬉しいと思う反面、また数年後にはさらに上のヘッドホンが出たりしないかな〜と、音響機器の発達を楽しみにしています。

なお、今回ヘッドホンを多数聴いていて思ったのが、別に新しいから、高いからってだけで、モニター用としてもリスニング用として良い音がするわけではないのだな、ということでした。SENNHEISER HD650なんかが顕著で、後継機よりもこっちの方が良いなというのが正直なところ。AUDIO TECHNICA ATH-M50xも同社の上位機種よりバランスが良く使いやすそうでした。

やはり信じるべきは価格でも新しさでもなく、自分自身の耳と感性なのだなと思います。
スポンサーサイト



プロフィール

アクセルスタジオ ikenaga

Author:アクセルスタジオ ikenaga
レコーディング・マスタリングエンジニア ikenaga です。
関西を中心に、レコーディング/ミキシング/マスタリング/MA/音声編集・ノイズ除去などの録音業務と、
ジングル・サウンドロゴ・効果音制作などの制作業務を行なっています。

ご依頼・お問い合わせ・お見積もりのご依頼は、
↓のホームページからよろしくお願い致します。

http://accel-studio.com/

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR