スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

初音ミク登場から10年

今やすっかり音楽ジャンルの一つとして定着したボーカロイド。
その代表格と言っていいのが「初音ミク」で、
あと2ヶ月ほどで10周年を迎えるこのソフトと私の出会いは、
10年前、私が所属していた大阪のCM制作会社でのことでした。

この会社はCMの音に特化した会社で、数々のラジオCMで賞を獲っていたり、
皆さんが見たことのあるであろうCMの音楽制作などを行っていました。
おかげさまで私の名前もいくつかの作品でクレジットしていただいています。

そのCM制作という業務で著作権フリーの音源を大量に保有しており、
その音源をいくつかをクリプトンフューチャーメディアから購入していたため、
定期的にDMが届き、その中で発売前の初音ミクの存在を知ったように記憶しています。

社内の反応は少しばかり冷ややかなものでした。
プロデューサー陣も含め、パッケージイラストに加えて、
・年齢:16歳
・身長:158cm
・体重:42kg
といったキャラクター設定が付けられていたことから、
いかにもオタク向けな萌え系商品だろうとの印象をもったわけです。

とはいえ、CMの音楽制作において、本チャン以外に"仮歌"を録る機会が結構あったことから、
通常は知り合いのシンガーに依頼して、スタジオに来てもらい収録していた作業を、
ソフトウェアに置き換えることで、コスト削減を図れるのでは?と期待もしました。
この仮歌というのは企画が正式採用される前のプレゼン用だったりするので、
ぶっちゃけ予算がなく、お金をかけずに済めばいいよね、、、と思うのは当然のことです。

まあ、そんな感じでデモ音源を聴いてみた時の感想を包み隠さず述べると、、、

「何この機械音声・・・甲高いだけで表情のかけらもなく、全く話にならない。
 業務では到底使えないな。」
というものでした。

当然といえば、当然です。
いまだに、リアルに人が歌っているように調整するのは至難の技ですし、
それだけボーカリストの声というのは、唯一無二の価値を持つものなのです。

そんな感じであっさりと私がいた会社ではスルーされた初音ミクですが、
ニコニコ動画で火が付き、DTMをやって遊ぶ人たちの間では大人気に。
一般層にも市民権を得ていき、2011年にはCMでも初音ミクの声が使われるものが現れました。
この時は単純に人の歌の代替品としてだけ捉えていた、視野の狭さを思い知らされましたね。

私自身が関わった仕事という意味では、
2009年に会社を離れてフリーになった直後に担当させてもらった、40mPさんのアルバムや、
他の制作でもよく初音ミクの声を耳にするようになりました。

発売から間もなく10年。
すっかり一つの音楽文化として定着したボーカロイドに火をつけた初音ミクですが、
これから先、どのような進化を見せていくのか。
もっと人に近づくのか、機械的なニュアンスこそがこの製品の魅力として、
現状の音を維持していくのか、あらためて注目したいと思います。
スポンサーサイト

JZ MICROPHONES BH-1

先日あまり大阪のスタジオには置いていないマイクを試す機会がありましたので、
備忘録として印象を書き記しておこうと思います。

そのマイクとはラトビアのマイクメーカーJZ MICROPHONESのBH-1。
スペック詳細はこちらのページをご覧ください。
http://www.onzu.co.jp/product_jz_01.html

今回はボーカルで使用したのですが、第一印象は「目立つ音」だということ。
非常にフォーカスが鋭く、声のざらつき感、エッジが強調された音になります。
オケに混ぜた時に、U87Aiが中域でくっきりとした存在感を出すのに対して、
このマイクはもっと上の帯域で目立ってくる印象があります。
声に使った場合は耳に刺さると感じる方もいるかもしれません。
私自身も声や歌いかたによって合う合わないが激しそうなマイクだと思います。
個人で買おうとされる方には、購入前にデモ機でテストすることをお勧めします。
結構お高いマイクですので(笑)

ウィスパー系の歌やアコギを煌びやかに録りたい時には良さげな特性だと思うので、
また、そういった音に使う機会があれば、追記したいと思います。

NEUMANN値上げ

値上げの話題です。
と言っても、うちのレコーディング料金の話ではなく、マイクのお値段のお話。

レコーディングスタジオ定番のメーカーとして知られたNEUMANNですが、
ここのマイクが5月から値上がりする模様です。

http://www.miroc.co.jp/now_on_sale/160421-neumann/

業界標準として知られるU87Aiに至っては、10万円以上の値上がり。。。
ショックマウントとセットで44万円になります。
何を根拠にそれだけ値段が上がるのか、甚だ疑問ですが、
元々U87Aiは日本で買う方が海外で買うより安いくらいのマイクだったので、
もしかしたら、今回の値上げ後の価格が本来あるべき価格だったのかもしれません。

ニコニコ動画で「歌ってみた」なんかをやっている歌い手さん達には、
プロ御用達のイメージがあって、ある意味憧れのマイクだったと思うのですが、
これでおいそれとは買えない値段になってしまったのではないでしょうか?
この値段で買うなら、もっとU87Aiは勿論のこと、
もっと色んなバリエーションを備えたレコスタで録音する方が、
結果的に安く好結果を出せると思います。

ProTools HDXやOLD NEVE、豊富な高級マイクなど、
到底個人で揃えられるものではありませんが、
レコスタに行けば、それらをいくらでも使えるわけです。
(NEVEや高級マイクは置いてないスタジオも多いですが)

ちなみにそこまで高級なマイクというわけではありませんが、
うちもProTools HDX、OLD NEVE、豊富なマイク(勿論U87Aiも)は、一通り全部揃えています。
それでいて、値段を聞いたらびっくりするくらいお安くボーカルレコーディング出来ます。

是非、大阪でレコーディングをお考えの際は、ご相談下さいませ。
ご連絡は下記URLのメールフォームからお願い致します。
http://accel-studio.com

震災再び

東日本大震災から5年。
東北ではまだまだその爪痕が消えきらず、
福島原発では今も日夜戦い続けている人がいる中、
今度は九州で大きな地震が発生しました。

14日に震度7の地震が来たものだから、これでもうここまでの地震は来ない、
と思われた方が16日未明のさらに規模の大きな本震で亡くなられた模様で、
本当に残念でなりません。

自然の力はいつも私たちの想像を大きく超えてきて、無情に残酷に命を奪っていきます。
ああしておけば、こうしておけば、被災地からはそんな無念の声が聞こえてくる中、
やはり5年前と同様、私には何もすることが出来ません。
私のような素人がボランティアと称して、現地に赴いたところで、
邪魔にしかなりませんし、ただただ普段と同じように生活をして、
仕事で挙げた利益の中から募金をするくらいです。

こういう時だからこそ、いつも通りに。
こういう時だからこそ、明るく顔を上げて。
そして自分がこうして平穏に生きている喜びをかみしめて、
一つ一つの仕事をしっかりとこなしていこうと思います。

機材を購入する上で

機材関連からこのブログに辿り着く方が多いようなので、
私の経験から思うことを今日は書こうと思います。

特に私の場合仕事柄、所謂スタジオ用の高い機材を中心に揃えており、
ブログにやってくる方もそういう製品について知りたい、
という方が多そうですし、そういった機材についてのお話です。

私の場合は、結構中古で購入することも多いのですが、
高いものが多いこともあって、購入時には非常に慎重に選んでいます。
過去にヤフオクで落としてみたら、壊れていたこともありましたし、
ノークレームノーリターンと明記されている場合は、注意が必要です。

中には壊れていることを承知で、「ジャンク品です」ではなく、
「動作未確認です」と書くことで、曖昧にして出品する人もいますので、
そういった動作未確認品は、十中八九壊れている、
位の気持ちで手を出した方がよいでしょう。

私が過去に遭遇したケースでは、完全動作品という商品情報とは異なり、
明らかな不具合があったのと、出品者に悪意が無かったためか、
きちんと返金してもらえましたが、高級機材は額が額なだけに、注意が必要です。

最近ではニコニコ動画で活動する歌い手の方の中にも、
NEUMANN U87Aiなどを買う方がいる模様ですが(お金持ちですね・・・)、
ヤフオクに出ているものは、基本的に使い古されたもので、
まともなコンディションのものは少ないと考えてよいでしょう。

「歌ってみた」をするのに、そこまでお金かけるべきなのかと思わないでもないですが、
欲しいと言うなら、きちんと国内正規品の新品を買った方がよいと思います。

そう。
そこで購入するお店によっても、対応が異なってくるので、
そのあたりにも触れておきましょう。

誰でも出来るだけ安く済ませたいと思うものだと思いますが、
私は多少高くついても、信頼あるお店で買うことが多いです。
(中古品を買うときはヤフオクが多いですが)

理由としてはサポートの良さと、お店の方の知識の多さです。
先日もUNIVERSAL AUDIO 6176が故障し、修理に出したのですが、
国内で修理不可能で結構修理に期間が必要と分かると、
修理完了までの間、デモ機を代替機として貸してもらえました。

これはデモ機がある時でないと、当然無理なわけですが、
某最安のショップだとハナからこういう対応はありません。
仕事で使っていて、他では得難い音を出す機材の場合、
長期間使えないのは非常に困りますので、
こういった対応をしてもらえるのは、とても助かります。

また、機材の知識も多いので、求めている音を伝えれば、
(現在使っている機材が○○で、もっとこんな音にしたい、みたいな)
お薦めの機材を教えてもらえたりします。
場合によっては、代理店の方に話してデモ機を用意してくれたりもします。

そんなわけでお世話になって、仲良くなっておくと、
色々メリットが多いので、多少高くてもそういったお店を使っています。
サポート代と言うか、情報代と言うか、そういう感覚ですね。

スタジオで働くエンジニアにとっては、
昔ながらのことで当たり前の感覚なのですが、
(というか、お店の方がスタジオに営業に来たりしますし・・・)
最近はこういった高級機材に手を出すミュージシャンも多いので、
参考までに書いてみました。
プロフィール

アクセルスタジオ ikenaga

Author:アクセルスタジオ ikenaga
レコーディング・マスタリングエンジニア ikenaga です。
関西を中心に、レコーディング/ミキシング/マスタリング/MA/音声編集・ノイズ除去などの録音業務と、
ジングル・サウンドロゴ・効果音制作などの制作業務を行なっています。

ご依頼・お問い合わせ・お見積もりのご依頼は、
↓のホームページからよろしくお願い致します。

http://accel-studio.com/

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。